高校野球秋の四国大会決勝

秋の高校野球四国大会決勝戦が行われ、香川勢の英明が、今治西を破り初優勝を果たしました。

高校野球四国大会決勝、英明のエラーなどで先制したのは今治西です。
0対2で迎えた7回裏。
英明はランナーを2塁に置くと、2番上原がタイムリーを放ちます。
これに3番森山が続き2対2の同点とします。
そして4番、湊が大事な場面でライト方向へ逆転の一打。英明は8回にも2点を追加し、秋の大会初優勝を飾りました。
一方中国大会は理大附属が宇部鴻城に2対1で敗れました。