夏の高校野球岡山・香川大会 熱戦続く

関西は2回表ツーアウト3塁1塁で、9番市原が変化球をひきつけてライト前にヒットを放ち、1点を先制します。
関西先発のエース児山は、初回からエンジン全開。
3回裏を三者三振に抑えるなど、完璧なピッチングをみせます。
芳泉も先発の岡村を中心に粘り強い守りを見せますが、関西は6回表に5番田中がタイムリーを放ち追加点、さらに7回表には6番吉田のタイムリーなどで3点をあげるなど終盤で突き放し、5―0で2回戦進出を決めました。

そのほか、Bシードの岡山東商は総社南を下して2回戦進出です。作陽、岡山も2回戦進出を決めています。

香川大会は2回戦3試合です。
観音寺中央と香川高専高松、高松東が3回戦進出を決めました。