ガイナーズ選手が通信制高校で特別授業

野球の独立リーグ、四国アイランドリーグプラスのオリーブガイナーズの選手が、高松市で通信制高校に通う生徒に特別授業を行いました。
その内容は「夢の叶え方」です。

特別授業は、全国展開する通信制の高校「屋久島おおぞら高等学校」の生徒が通う、高松市の教室で行われました。
不登校や引きこもりなどから再出発を目指す生徒も多く在籍する学校です。
講師役のガイナーズの選手2人は、プロ野球入りという子どもの頃からの夢を実現させるために大切だったことなどを生徒たちに語りました。
オリーブガイナーズでは、夢の実現を目指し続けるもの同士として、今後も機会があれば特別授業を続けてゆきたいとしています。