関西が3年連続のベスト4進出 -高校野球岡山大会

夏の高校野球岡山大会は、22日から準々決勝に突入です。
ベスト4進出をかけ、熱戦が繰り広げられました。
去年の夏を制した倉敷商業は、大会連覇を目標に掲げ準々決勝に挑みます。
その倉商は初回、1アウト3塁から、3番・片岡がきっちりスクイズを決め、先制点を奪います。
しかし2回表、東商にすぐさま同点に追いつかれると、さらに2アウト満塁から2番・小倉。
センターへのタイムリーで2点を勝ち越されます。
この後、1点を返した倉商最終回を1点差で迎えます。
この土壇場で1番・井上が2ベースヒットを放ち、ランナー2塁3塁。
一打サヨナラのチャンスです。
しかし、反撃もここまで。
倉商、連覇の夢は準々決勝でやぶれました。
続く第2試合、関西と興陽の試合は初回、関西がノーアウト3塁から小郷のタイムリーで先制します。
この後、同点に追いつかれるも、着実に得点を加えていった関西。
逢沢・児山の継投で逃げ切り、3年連続のベスト4進出を決めました。