尽誠と丸亀が決勝戦へ、高校野球香川 大会

香川大会も準決勝2試合が行われました。英明と尽誠学園、高松北と丸亀が対戦です
準決勝第一試合は、英明と尽誠学園の対戦です。
0対0で迎えた7回表英明が均衡を破ります。
ランナー2塁1塁のチャンスで、2番松井がタイムリーヒット、英明が1点を先制します。
尽誠は、8回からマウンドにあがったエース土肥が立ち上がりに苦しみます。
4連続フォアボールを与えるなどして、3対0とリードを広げられます。
8回裏、尽誠打線が英明をとらえます。
5番大西のタイムリーなどで、3対3の同点に追いつき試合を振り出しに戻します。
同点で迎えた9回裏、尽誠はサヨナラのチャンスを迎えます。
ランナー2塁1塁で3番、西丸。
これが決勝打となり尽誠が4対3、サヨナラ勝ちで接戦を制しました。
尽誠は6年ぶりの決勝進出です。

第2試合は、13年ぶりの決勝進出を目指す高松北と、勝てば3年連続の決勝進出になる丸亀の対戦です。
試合は、今大会の打率が4割超えと好調な丸亀打線が初回から爆発します。
4番池内、2番門田のタイムリーなど、打者一巡の猛攻で7点を入れます。
さらに4番池内が、レフトスタンドに突き刺さる満塁ホームランを放ち、丸亀は初回で一挙11得点と高松北を突き放します。
追いかける高松北は、2回表2アウト3塁2塁と反撃のチャンスを作ります。
しかしそこから打線が繋がらず得点することができません。
試合は、高松北を無得点に抑えた丸亀が、5回コールドで決勝進出を果たしました。