2年連続 創志学園センバツ出場へ

待ちわびた春の便りが届きました。
甲子園球場で行なわれる第89回選抜高校野球大会の選考委員会が大阪市で開かれ、岡山の創志学園が2年連続3回目の出場を決めました。

グラウンドで吉報を待っていた選手のもとに谷川校長がやってきました。
創志学園は去年秋の岡山大会で3位に入り、中国大会ではエースで4番の難波選手の活躍などでベスト4に進出し、準決勝では優勝した山口の宇部鴻城に競り負けたものの中国3位校となりました。
選考委員会では四国3位校の香川の英明との比較となりましたが、1試合5点以上という高い得点力と3試合でエラー2つという堅い守りが評価され、中四国5番目の代表校に選ばれました。
創志学園は去年の春から3季連続の甲子園出場となります。
第89回選抜高校野球大会は、3月10日に組み合わせ抽選会が開かれ、3月19日に阪神甲子園球場で開幕します。