TOP

全国選抜ジュニアテニス大会決勝

13歳以下のテニスの全国大会、RSK全国選抜ジュニアテニス大会の決勝が、15日、岡山市南区で行われました。
決勝は、あいにくの雨の中での試合になりました。

女子の部は、第4シード千葉県の中学1年生・古賀彩花選手が、積極的に攻め込むテニスで第2シード、奈良県の中学2年生・奥野柚来選手を、セットカウント2対0のストレートで下しこの大会で初優勝しました。
男子の部では、第2シード、三重県の中学1年生・ジョーンズ怜音選手が、第1シード、群馬県の中学1年生・森田皐介選手を、セットカウント2対1で下し、この大会3年連続の出場でうれしい初優勝です。
ここから世界に羽ばたく、スケールの大きな選手の登場を期待したいところです。
大会の模様は、今月29日の午後3時からRSKテレビで放送します。