TOP

世界陸上 天満屋の重友梨佐選手は14位

中国の北京で開かれた世界陸上は、30日最終日を迎えました。
女子マラソンには天満屋の重友梨佐選手が出場し、地元からも熱い声援が送られました。

重友選手のふるさと備前市では、約150人が大型スクリーンでレースを観戦し声援を送りました。
レースでは、重友選手が序盤から積極的な走りを見せると20km付近からは先頭に立って集団を引っ張ります。
しかし33kmを過ぎてアフリカ勢のスパートに重友選手が遅れだすと備前からは後押しするよう応援のボルテージが上がります。
結局14位でフィニッシュした重友選手でしたが、ロンドンオリンピック79位の悔しさから3年後の世界の舞台での走りに、備前の会場からも惜しみない拍手が送られました。